本来であれば、決して世に出ることのなかった「たまえ美容水」

市場価格では数万円相当と言われる美容・保湿成分を配合した「たまえ美容水」。本来であれば、決して世に出ることのなかったこの「たまえ美容水」は、亡き敏子さんの想いを受け継ぎ、誕生しました。

敏子さんとの出逢い

今から20年前、旅行で訪れていたニュージーランドのフラワーショーで、うちわたまえビューティーの代表・打和さんは遠藤敏子さんと出逢いました。 彼女は、化粧品メーカーの OEM企業「(株)テクノビューティーサプライ」の 遠藤社長の奥様。まだ30代だった打和さんを何かと可愛がって下さり、たくさんの場所に連れて行ってくださったそうです。

(株)テクノビューティーサプライとは…

(株)テクノビューティーサプライは、高級化粧品専門のOEM(※)企業です。遠藤敏子さんのご主人・遠藤照夫社長が1978年に創業されました。敏子さんはこの企業の総務部長としてご活躍の傍ら、ご自身の経験をもとにした化粧水 「ローション」を開発されていました。打和さんもたまにサンプルをもらって使っていたそうです。

(※)OEMとは… Original Equipment Manufacturerの略称。他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業のこと。

敏子さんの想いを、受け継いで。

まもなく商品完成と思われた矢先、敏子さんは2015年5月に永眠。 生前毎週末東京までお見舞いに通っていた打和さんのもとに、遠藤社長からのご連絡が入ったのはその5ヶ月後のことでした。「打和さん、敏子が開発していた化粧水を、販売しませんか?」 打和さんは何度も耳を疑ったそうです。 あんなに可愛がってくださった敏子さんの形見以上の存在である 「ローション」を、お預かりできるなんて、分不相応だ、と。 しかし、実際に完成した「ローション」のサンプルを改めて試してみたとき、彼女の想いは決意へと変わりました。「ここまでの商品を、世に出さないのはもったいない」

「たまえ美容水」は、こうした敏子さんのこだわりが育んだ”質の高さ”と、 遠藤ご夫妻の”想い”を受け継ぐ形で生まれました。 本来であれば、決して世に出ることのなかった「たまえ美容水」。ぜひその”良さ”を、実感してみては。

★この「たまえ美容水」を抽選で3名にプレゼントします。

応募方法はこちらから →  ※5月16日締め切り

「たまえ美容水」5,940円(税込)/100mL

「たまえ美容水」5,940円(税込)/100mL

うちわたまえビューティー 

※情報は2018.5.3時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ