プラハ国立劇場オペラの「フィガロの結婚」、来年1月に福岡公演

 モーツァルト・オペラの傑作「フィガロの結婚」が2019年1月15日(火)、福岡市・天神の福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)で上演されます。

 出演は、プラハ国立歌劇場オペラ(チェコ)です。

 「フィガロの結婚」は1786年に現在のプラハ国立歌劇場オペラ・スタヴォフスケー劇場で上演され、空前のヒットとなります。この劇場ではその後も、モーツァルトのオペラを中心に上演してきました。

 今回披露されるフィガロの結婚は、スタヴォフスケー劇場で今年2月にお目見えした新制作。カーテンや壁画、シャンデリアなどの大道具を組み合わせた舞台はシンプルながら洗練され、衣装は伝統的なテイストにモダンな感覚も取り入れているといいます。

 モーツァルトを知り尽くした同劇場のフィガロの結婚を福岡で観賞できる貴重な機会です。ぜひ足を運んでみてください。

演出:マグダレーナ・シュヴェツォヴォー
指揮:ズビネク・ミュラー
演奏:プラハ国立劇場管弦楽団、合唱団

プラハ国立劇場オペラ フィガロの結婚
日時:2019年1月15日(火) 18:00開場 18:30開演
会場:アクロス福岡 福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神1丁目1番1号)
料金:GS席19,000円、S席17,000円、A席15,000円、B席13,000円(学生席 6,500円)
主催:TVQ九州放送、福岡県、福岡市、アクロス福岡、福岡市文化芸術振興財団
問い合わせ:アクロス福岡チケットセンター 
電話:092-725-9112

※情報は2018.11.28時点のものです

テノ.サポート

TEL0120-8000-29/092-263-3580

福岡シンフォニーホール

住所福岡市中央区天神1-1-1
URL

関連タグ

この記事もおすすめ