アメリカ先住民族「ホピ族」の展覧会が九州初開催

 アメリカの先住民族「ホピ族」の精霊・カチーナにまつわる人形やジュエリーの展覧会「HOPIカチーナ展in福岡」が12月7日(金)~9日(日)、福岡市中央区のギャラリー・KASHIZUKUで開催されます。

 

 また本展の前日6日(木)には、実際にホピ族と交流のある作家でプロデューサー・天川彩さんの講演会「特別講演会『HOPI』~平和の民から教えてもらったこと~」も同市中央区アクロス福岡で開催されます。

 

 “平和の民”という意味を持つアメリカの先住民族「ホピ族」は、すべての物質に霊魂が宿るというアニミズム的感覚を持っているそうです。ホピ族の精霊「カチーナ」とは、日本でいう八百万(やおよろず)の神々といえそうです。精霊を模した木製の人形「カチーナドール」は、ポップアートの旗手アンディ・ウォーホルや漫画家の水木しげるも多く所持していたそうです。

 九州初となる本展は、約40点のカチーナドールを展示販売。シルバーに糸のこで文様を彫った上からさらにシルバーを重ねるホピ族独自の手法で作られた「ホピジュエリー」のピアスや指輪、バングルなど約40点が展示販売されます。ほかに一点物のネイティブ柄ストールやTシャツも販売されます。

 

特別講演会「HOPI」~平和の民から教えてもらったこと~
日時:12月6日(木) 19:00開演
場所:アクロス福岡1階円形ホール(福岡市中央区天神1-1-1)
料金:1,000円 ※要予約
問い合わせ:平和の民・ホピを知る福岡実行委員会
電話:090-8623-7014(角)

HOPIカチーナ展in福岡
日時:12月7日(金)~9日(日) 11:00~18:00(最終日17:00まで)
場所:KASHIZUKU(福岡市中央区大宮2-5-14)
料金:入場無料
問い合わせ:平和の民・ホピを知る福岡実行委員会
電話:090-8623-7014(角)

※情報は2018.12.5時点のものです

アクロス福岡

住所福岡市中央区天神1-1-1
URL

関連タグ

この記事もおすすめ