多彩なゲストでチャリティートーク「フィンランドデザインと私」開催

 「福岡スオミ・フィンランド協会」設立と日本―フィンランド外交関係樹立100周年を記念して、「九州初北欧展」九州北部豪雨・東日本大震災チャリティートークイベント「フィンランドデザインと私」が1月19日(土)ほか4回、福岡市中央区大名のカフェ「ロバーツコーヒー福岡大名店」で実施されます。

<第1回> 「カイ・フランクの食器」 1月19日(土) 18:00
ゲスト/小西亜希子さん(『カイ・フランクへの旅』著者、エブリーディレクションズ代表)
 「アラビア」や「イッタラ」といった食器ブランドのデザイナーとして、フィンランドの暮らしに影響を与え“フィンランドデザインの良心”と呼ばれたカイ・フランク。「ティーマ」や「カルティオ」などのロングセラーシリーズの誕生秘話やフィンランドの環境について、『カイ・フランクへの旅』の著者が語ります。

カイ・フランクの

カイ・フランク「カルティオ」シリーズ

<第2回> 「AALTO、ARTEK & フィンランドデザイン」 1月20日(日) 18:00
ゲスト/林アンニさん(ARTEK / Vitra、ホームセールス・ヘッド)
 フィンランドデザインの巨匠アルヴァ・アアルトらが1935年に創業した北欧モダンを代表するインテリアブランド「ARTEK(アルテック)」。アアルトが開発した曲木の技法やアルテック製品についてや、フィンランドと日本が紡いできた親交や最新ニュースなどを語ります。

AARTOのデザイン

アアルトの想いが今も受け継がれるARTEKの家具

<第3回>「フィンランドのテキスタイルデザイン」 2月23日(土) 18:00
ゲスト/鈴木マサル(テキスタイルデザイナー、東京造形大学教授)
 フィンランドのプリントテキスタイルは、なぜあんなにカラフルで、大胆な柄やデザインが多いのでしょうか。そして人々はどのように生活に取り入れているのでしょうか。テキスタイルデザイナーが自身の仕事を例にしながら、フィンランドのテキスタイルの魅力を語ります。

フィンランドテキスタイルの魅力を探ります

フィンランドテキスタイルの魅力とは?

<第4回>「北欧の暮らしと家具デザイン」 2月24日(日) 18:00
ゲスト/熊野亘(デザイナー、デザインスタジオ ”kumano” 代表)
 ヘルシンキ芸術大学(現アアルト大学)で家具デザインを学び、フィンランドの家具ブランド「NIKARI」から作品を出しているデザイナーが、滞在中に感じ取ったフィンランドの自然と人々の暮らしについて、そこから生まれるフィンランドデザインの特質や自身の作品に与えた影響について語ります。

 ※「九州発北欧展」は九州産業大学建築都市工学部住居・インテリア学科の北欧デザイン研究会が中心に企画・運営し、東日本大震災が発生した2011年から毎年開催。今回の参加費も全額、日本赤十字社を通して九州北部豪雨および東日本大震災のために寄付されます。

「福岡スオミ・フィンランド協会」設立、日本―フィンランド外交関係樹立100周年記念
「九州初北欧展」九州北部豪雨・東日本大震災チャリティートークイベント「フィンランドデザインと私」

日時:1月19日(土)、20日(日)、2月23日(土)、24日(日) 各18:00
場所:ロバーツコーヒー福岡大名店(福岡市中央区大名1-12-5 2階)
テーマ:上記を参照
定員:各50人 ※先着順
参加費:各1,000円(コーヒー1杯付き)
申し込み:Eメールもしくは電話で氏名、年齢、参加人数、希望参加日を連絡。当日受け付けも可。
共催:九州産業大学建築都市工学部、福岡スオミ・フィンランド協会
Eメール:[email protected]
問い合わせ:九州産業大学建築都市工学部
電話:092-673-5652

関連記事:福岡に新たなフィンランド協会が発足。本場サンタも応援に!

※情報は2019.1.11時点のものです

ロバーツコーヒー福岡大名店

住所福岡市中央区大名1-12-5 2階
TEL092-673-5652(九州産業大学建築都市工学部)

大きい地図で見る

この記事もおすすめ

massage santa monica

ковры шагги