歌にお芝居! フェスで見せます、トキヲイキルの多彩な魅力

 福岡市を拠点に活動するガールズエンターテインメントグループ「トキヲイキル」は3月21日(木・祝)~24日(日)、ぽんプラザホール(同市博多区)で「トキイキフェスティバル」を初めて開きます。

 期間中の全8公演では、ライブに加え、3人の脚本家(A・ロックマンさん、伊藤高史さん、ヨウ手嶋さん)が手掛けた芝居16演目を披露する予定です。トキヲイキルの魅力を余すところなく披露しようと、出演者の稽古にも熱が入っています。

稽古に熱が入る出演者たち

 初日21日のライブでは新曲を披露。期間中は会場で、21日に発売する初のフルアルバムの会場限定ジャケット版や、メンバーそれぞれが考えたオリジナルグッズも数量限定で販売し、お祭りムードを盛り上げます。出演はほかに、劇団トキヲイキルの4人と客演4人、アイドルグループHello Youth(ハローユース)、IQプロジェクト研究生となっています。

和やかな練習風景

 今回演出と音楽を担当する俳優の柏原収史さんと、座長を務める大庭彩歌さんにお話を伺いました。

<柏原収史さん>
 オムニバスとなっている今回の芝居は、「芝居力」が必要な内容となっています。脚本が稽古初日に届くなど、厳しい状況もありましたが、お芝居の世界ではもっと厳しい現場もあります。正直、稽古をつけながら、どうなるか不安もありました。でもここでの頑張りがユニットのさらなる成長につながると確信しています。トキヲイキル、劇団トキヲイキルの新しい挑戦を、ぜひ劇場に足を運んで見てほしいですね。

声を掛け合って

<大庭彩歌さん>
 初日はフルメンバー7人そろってのワンマンライブとなっています。なかなか披露できないフォーメーションを楽しんでもらえます。またお芝居では、桃咲まゆ、岸田麻佑、chelu(チェル)の3人が1人芝居に初挑戦するなど、見どころはたくさんあります。全8公演で内容はほとんど重ならないので、何度見に来ていただいても新鮮に楽しんでいただけます。Hello Youth、IQプロジェクト研究生とのミニライブでの共演や、彼女たちの演技は、私たちも楽しみにしています。

 今回、座長を務めているのですが、私が主役というわけではなく、フェス全体の盛り上げ役、ムードメーカーとして頑張っています。お客さんに楽しんでもらうのはもちろん、演者にも楽しみながらステージを務めてほしいですね。ぜひ、会場で一緒に、私たちの新しい挑戦を盛り上げてください。

 

トキイキフェスティバル
日時:3月21日(木・祝)~24日(日)
場所:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:前売り21日はS席4,000円、自由席3,500円
 22日~24日はS席3,500円、自由席3,000円
 ※いずれも当日券は500円増。前売りで売り切れの場合でも、キャンセル分を当日販売することもある
問い合わせ:ジョブ・ネット
電話:092-406-7100

※情報は2019.3.19時点のものです

ぽんプラザホール

住所福岡市博多区祇園町8番3号
URL

しげむら

この記事もおすすめ