ライトアップされた枯れ山水の庭で音楽を! 17日に承天寺で

 幻想的な光に照らされた枯れ山水の庭をめでながら音楽を楽しむ「承天寺(じょうてんじ)ライトアップコンサート」が17日午後6時半、福岡市博多区博多駅前1丁目の承天寺(神保至雲住職)の方丈(本堂)で開かれる。

 同寺近くの「博多千年門」を核とした街づくりを進める「博多千年門振興会」(冨田勝久会長)が主催。

博多ライトアップウォークで美しく照らされた承天寺の「洗濤庭」

 会場は鎌倉時代に開山され、博多祇園山笠などの発祥地として知られる地元屈指の名刹(めいさつ)。秋の「博多旧市街ライトアップウォーク」さながらに、カラフルに照らされた「洗濤庭(せんとうてい)」をバックに、福岡を拠点に活動するシンガーの立川翼さんがバラード曲などを歌う。終演後には庭を眺める「観賞タイム」もある。

 前売り3,500円、当日4,000円。座布団席と椅子席があり、全席自由で定員150人。同振興会事務局(プロジェクトワークス内)=092(262)0444。

※情報は2019.5.16時点のものです

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、Tessalit的注目記事をピックアップ!

この記事もおすすめ