深夜のカラオケ店で、非常識親子を目撃!イタズラの数々に唖然

先日、数年ぶりにカラオケへ行きました。最近は、キッズルーム完備で、オモチャやDVDの貸し出しもあり、子連れの利用客も多いそう。
「今度、子供とカラオケに行こうかな。喜びそう〜」なんて思っていました。あの非常識な子連れカラオケを目撃するまでは…。

週末にママ友と飲んで、二次会に繰り出した時のこと。

「西城秀樹が亡くなったから、追悼としてYOUNG MANを歌いたい!」

ほろ酔いのママ友に引きずられるように、カラオケ店に入店しました。時間は、そう21時頃だったでしょうか。30代半ばの筆者は、学生時代に週1ペースでカラオケに通い詰めていた反動か、社会人になってからは、めっきりご無沙汰で、数年ぶりのカラオケでした。

受付には、「ママ会大歓迎!持ち込みOK!子連れプランあり!」というポスターが貼ってあります。たしかに、フードやドリンクを持ち込めば、飲食店でランチするよりも割安になるはずです。カラオケルームなら防音もバッチリで、おしゃべりが盛り上がっても、周囲に迷惑をかけることもありません。しかも、オモチャやアニメのDVDを貸し出してくれるなんて、子連れ外食で肩身の狭い思いをしているママにとっては、嬉しい限り!

我が家の5歳になる娘は、毎日のように「ドドドドドドドドドドラえもん〜♪」と、鼻歌を歌っているくらいなので、きっと大喜びで、マイクを離さないことでしょう。

「今度、子供と一緒に来たいので、キッズルームを見せてもらえますか?」

店員さんにお願いして、キッズルームを覗くと、明るい壁紙の部屋に、すべり台やぬいぐるみ、小さなボールプールまでありました。「子連れカラオケ、なかなか良さそう!」と思った時、隣のキッズルームから、子供の笑い声とアニメソングが漏れ聞こえてきたのです。少し驚きましたが、「小学生なら、21時でも遊んでいる時間か。夜でも、子連れカラオケを楽しんでいるのだな」と思い直し、自分達の部屋へと移動しました。

お酒を飲むと、トイレが近くなるのは、きっと誰もが経験していることでしょう。少し歌ったら、尿意をもよおし、急いでトイレに行こうと廊下にでました。すると、後ろからドンッと何かがぶつかってきたのです。こちらは、経産婦。自慢じゃありませんが、少しの衝撃でも、決壊する膀胱の持ち主なのです。

下っ腹に力を入れて、ギリギリ持ちこたえましたが、ぶつかってきた犯人は誰だと、周りを見回しました。すると、おそらく3歳くらいの幼い男の子達が、ぶつかった衝撃で尻もちをついていました。2人は、ピョンっと立ち上がると、まるで何も無かったように、キャアキャアと追いかけっこを再開しました。子供が犯人では、怒るわけにもいきません。こちらも平静を装って、トイレへ向かいました。

それから1時間後、ドリンクバーのコーナーで、ギョッとする光景を目撃したのです。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ