働くママの強い味方!通信教育を選んだ我が家

 小学校入学前、お友達から塾の楽しさを保育園で聞いてきた長男。勉強にすごく興味を持っていたので、何かさせてみようと、近くの学習塾の相場を調べてみると、約20,000円!毎月の出費としては痛い…そんな時ふと通信教育のことを思い出しました。

 私は小学生のころ通信教育をやっていました。しかし、個人的にイヤな思い出が多く、我が子にはさせまいと考えていました。でも塾に比べたら通信教育は月額5,000円以下!当時気づかなかった魅力があるかも?と期待を込めて、どんな通信教育があるのか調べてみることにしました。問題が難しすぎたり、教材がシンプルすぎたりすると飽きてしまうかもしれません。私自身がそうした理由でやる気がでなかったので、私に気質が似ている長男は「THE勉強!」というスタイルは受け付けないだろうと考えました。

 通信教育を調べていると、いろいろな種類がありました。国民的アニメキャラクターがいろいろ教えてくれるD、タブレット学習のS、通信教育大手のCなど、数社の費用や教材を比べてみました。レビューを読むと、どれも似たような感じ。感じ方に個人差もあるようです。

 レビューから判断が難しかったため、長男に「この中からやってみたいものある?」と聞いてみたら「C!」と即決。実はお友達でやっている子が多いようで、頑張ったらおもちゃがもらえるとのこと。やっぱりおもちゃか…と思ってしまったんですが、大事なのは子どものモチベーション。おもちゃにつられても勉強するならいいか~と自分に言い聞かせて申し込みをしました。

1 / 2

この記事もおすすめ

mobile massage company

massage calabasas

Купить Сиалис 60 мг