この冬子どもに読んでほしい、読み聞かせたい絵本6冊

 寒い季節は、温かい家の中で親子でゆっくり絵本を読みながら過ごしてはどうでしょう。きっと絵本を通して、楽しさやわくわくを共有できるはずです。この冬、子どもにぜひ読んでもらいたい、そして読みきかせにもぴったりな6冊を紹介します。

大切なおともだちを食べちゃった!
『おともだち たべちゃった』 【潮出版社】 
(文・絵/ハイディ・マッキノン 訳/なかにしちかこ)
定価:1,400円+税 対象年齢:3~6歳

『おともだちたべちゃった』 【潮出版社】

『おともだちたべちゃった』 【潮出版社】

◎たった一人の大切な「おともだち」を食べちゃった、キモかわいいモンスター。新しい「おともだち」を見つける旅に出るのですが、みんなにことわられて落ち込みます。衝撃のラストに、子どもたちは大喜び、お母さんたちはびっくり!? リズムが良いので、読みきかせにもぴったりです。

 

赤ちゃんの目がくぎづけになる絵本
『もいもい(ボードブック版)』 【ディスカヴァー・トゥエンティワン】
(作/市原 淳 監修/開 一夫)
定価:1,200円+税 対象年齢:0~1歳

『もいもい』

『もいもい』 【ディスカヴァー・トゥエンティワン】

◎「赤ちゃんのための絵本を作りたい」と、東京大学赤ちゃんラボで、赤ちゃんの視線の先を計測する実験をしながら絵本が作られました。『もいもい』は、赤ちゃんの視線をくぎづけにするイラストを使ったキャラクター絵本。赤ちゃんがよく見る、ぐずる赤ちゃんが泣き止むと話題になり累計25万部突破!

 

考える力×調べる力が自然に身につく!
『つながる百科 地球なんでも大図鑑』 【東京書籍】
(編集/DK社)
定価:4,300円+税 対象年齢:7歳~

『つながる百科 地球なんでも大図鑑』【東京書籍】

『つながる百科 地球なんでも大図鑑』【東京書籍】

◎身の回りのギモンから、地球サイズのナゾまで1冊で学べる大図鑑。歴史、自然、科学など親子で楽しめる250のテーマを収録。関連するテーマを、どんどんつなげて調べられるので、論理的思考も自然に身につきます!

 

通りでたいこをたたいていたら…
『たいこたたきの少年』 
【西村書店】
(文・絵/バーナデット・ワッツ 訳/松永 美穂)
定価:1,500円+税 対象年齢:4歳~

『たいこたたきの少年』【西村書店】

『たいこたたきの少年』【西村書店】

◎イギリスの人気絵本作家バーナデット・ワッツ、待望の新刊! クリスマスの名曲<リトル・ドラマー・ボーイ>が愛らしい絵本になりました。なにも持っていなくても、だれかを幸せにすることができる―。ほら、きこえてくるよ。やさしいたいこの音が。♪ラ パパンパン、ラ パパン パン♪

 

みるみる覚えると口コミで大評判
『1日10分でちずをおぼえる絵本 改訂版』 【白泉社】
(作者/あきやまかぜさぶろう)
定価:1,800円+税 対象年齢:3歳~

『1日10分でちずをおぼえる絵本』【白泉社】

『1日10分でちずをおぼえる絵本』【白泉社】

◎累計10万部突破! 幼児絵画指導のカリスマが編み出した、意外で楽しいイラストで子どもが大喜びする、新しい日本地図絵本。「きのこのかたちはふくおかけん」など“あきやまメソッド”で日本の47都道府県が楽しく覚えられます。

 

0歳から楽しめる!
『お?かお!』 
【ほるぷ出版】
(作者/ひらぎみつえ)
定価:850円+税 対象年齢:0歳~

おおおおおおおおおおお

『お?かお!』【ほるぷ出版】

◎キャッ!キャッ!赤ちゃんがまねするよ! 口をうごかすと目がキョロキョロ。ベロをひっぱるとあっかんべえ。鼻をうごかすと目がとじて「おやすみなさい」。かおをうごかして遊ぼう。赤ちゃんも楽しめる、おもちゃのようなしかけえほん。

★取扱い書店:紀伊國屋書店 久留米店、紀伊國屋書店 福岡本店、ジュンク堂書店 福岡店、福岡金文堂 本店、メトロ書店 ソラリアステージ、元野木書店(50音順)

<企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局 12月14日掲載>

※情報は2018.12.19時点のものです

この記事もおすすめ

семена конопли купить в украине

mobile massage los angeles

Купить Варденафил