ごはんを食べない1歳児が急にパクパク食べだしたワケ

 離乳食、幼児食と、子どものごはんにはとても気を遣いますよね。塩は少なめにしないと、薄味にしないと…とついつい心配してしまいますが、それが行き過ぎると、逆効果かもしれません。

iStock.com/winjeel

iStock.com/winjeel

 わが家の息子が1歳半の頃、友人が1歳になったばかりの娘ちゃんを連れてやって来ました。天気が良かったので、ピクニックがてら近所の公園へ遊びに行くことに。私と友人は、子どもたちにごはんを食べさせながらおしゃべりをしていたのですが…ふと友人から「娘が全然ごはんを食べない」という相談が。

 私の目の前にいる娘ちゃんは、おかずとごはんがセットになっている市販のベビーフードをパクパク食べています。

 「ファミレスとか公園とか、家以外でなら食べるんだけど。家だと食が進まなくて、お菓子ばかり食べたがるの。もう離乳食も完了期なのに」と友人はため息。

 「とにかくお菓子をあげないようにすれば、おなかがすいてごはんを食べるんじゃない?」
 「食事に集中するよう、ダイニングの模様替えをしてみたら?」
 「飽きないように、朝はパン、昼はうどん、夜はごはんとメニューを変えてみるのはどう?」

 私は彼女が料理上手で、食に対する意識も高いことを知っています。思いつくままにアドバイスをしましたが、彼女はすでにいろいろと試している様子。私が何を言ってもしっくりこない顔のまま、その日は終わりました。

 それから1カ月後、再びその友人が遊びに来ました。今回は手作りの離乳食を持参していましたが、話に聞いていた通り、娘ちゃんはほぼ口をつけず。

 「…ちょっと息子の食事を食べさせてみる?」

1 / 2

この記事もおすすめ