好きなレコードが触って聴ける! 長崎県西海市の『音浴博物館』で感動体験

芯の強い子を育てる運動スクール 代表の太刀山です。

長崎県西海市のさいかい体験民泊へ、モニターとして参加してきました。 

福岡からだと九州自動車道の鳥栖経由という方も多いと思うのですが、今回私たちは、福岡市から唐津経由で車で移動しました。海を見ながらの2時間のドライブ。なかなかこちらも、快適ルートでした。

ツアーの始まりは長崎オランダ村での待ち合わせ。この街並みは、異国情緒あふれる風景に気分も盛り上がります。

昼食は、長崎オランダ村の中にあるおしゃれな「西海キッチン」で「さいかいポークのステーキ・ランチ」をいただきました。

こだわりの無菌豚、パキッとした歯ごたえとたまらないジューシーさ。旅の充実ぶりを予測させます。

いよいよお待ちかねの音浴博物館です。

車を走らせると、思ったより山の奥になっていくため「道を間違えたかな」と不安になりそうですが、看板を信じて進みます。すると現れるのは、静かに時を刻む古い木造の小学校校舎です。

この建物は、戦後、満州から引き揚げた方たちが、「自分たちの子どもたちのために」との思いで手伝って建てた小学校校舎です。横に広がる教室は一階の平家造り(階段の昇降がないので、ゆっくり回れます)。またこれらの膨大な展示品はすべて個人の持ち物を寄贈されているもの。その評判を聞きつけ、「うちにあったものですがより多くの方に聞いてもらえたら…」と、さらに貴重なレコードの寄贈も増えていっているそうです。

これらを管理するスタッフの方々の多くはボランティア。山道を毎日50kmかけ通って来られる方も。しかも、かつて寄贈主で館長だったご夫婦が飼っていた、甲斐犬のゆきちゃんがさみしがらないようにと、館長代理も時に泊まり込み、ゆきちゃんとこの博物館を守っているとのことです。(あ、ゆきちゃんは、かなりご高齢のため、見かけても、そっとしていてくださいね)

すべて人の善意、手作りであったかさを感じる「音を浴びる」音浴博物館が、私たちを優しく、向かい入れてくれます。

こちらでは100年以上前の蝋管レコードから貴重なSP盤、LP盤、ドーナツ盤などを16万枚以上そろえ、同時代のエジソン式蓄音機から真空管アンプや貴重な音響機器で、実際に音を浴びることができます。

また博物館といえば、=硬い場所=静かに見て回る=お利口さんにしているイメージですが、でも、こちらは体験型なんです。ガイドツアーで説明を聞いて、なんとレコードや機材を自分で触ることができます。

あまりの数に思わず「こういうレコードはありますか?」と聞いてみると、これがほとんどあるんです。レコードは部屋中ぎっしり、ジャンルごとにきちんと整理され、手作りの7段の棚に、上から下までぎっしり収まっています。私はウエストサイドストーリーや、キャッツなど大好きなミュージカルを次々とかけ、楽しんでいました。

そして体験型のいいところ、それらのレコードを大切に取り出し、なんと自分でかけることができるのです。レコードを知っている世代の私でも、「レコード盤に針を落とす」という大役は、いつも姉がつとめていたので(私は3姉妹の末っ子)、初体験で手が少し震えました。

またレコードの楽しみ方には、その表紙となるジャケットを見るのも楽しいですよね。まるで、その一枚一枚が、絵画のようです。そういえば、私が子どもの頃、ジャケットがかっこいいレコードは、姉が部屋の壁に飾っていて、憧れの目で見ていました。でも、イマドキの若者に「ジャケット」と言うと、洋服ですか?と聞き返されそう。ドーナツバン(盤)は食べ物?。イマドキ子どもに至っては、レコードどころか、CDも見たことがなく、携帯の中にあるのが音楽と思っているはずです。だからこそかえって、懐かしい世代にはもちろん、若い世代にも新しい感覚で楽しめる場所かもしれません。あたたかい薪ストーブに、いくつも並ぶ揺れる椅子を、スピーカーの前の好きな場所を選んで、心地よくゆったり座って音楽を楽しむ時間もいいものです。なんと優雅な。(音楽評論家の湯川れい子さんや、ななつ星のツアー客の皆さんも来られたとか)

1 / 3

この記事もおすすめ