壱岐市の子どもにボードゲームを! 研修&イベントレポート

 こんにちは。ボードゲームの企画・販売・講演などを行なっているツムラクリエイション(福岡市)の津村修二です。今回は長崎県壱岐市へボードゲームの研修講師として出張に行った時のレポートです。

博多港からジェットフォイルで約1時間。暑いくらいの晴天でした

博多港から高速船「ジェットフォイル」で約1時間。暑いくらいの晴天でした

 5月11日、子育て支援NPO法人「ちんぐ☆ちんぐ」さんからの依頼で、壱岐市に行ってきました。

 当日、芦辺町クオリティライフセンターつばさ(同市)で「第34回 おもちゃ広場」のイベントが開かれるので、その前に研修をしたいという話でした。3年前にも呼んでいただいており、今回で2度目です。

芦辺町クオリティライフセンターつばさ

芦辺町クオリティライフセンターつばさ

 研修には「ちんぐ☆ちんぐ」のメンバー9人が参加されました。

 始めに私がゲームデザインを担当した、つみきやオリジナル新作ゲーム「さくらの大冒険」を紹介しました。「分かりやすい!」「協力できるのは良いね」という声が上がり、とても好評でほっとしました。

研修中の1コマ

研修中の1コマ

 その後、研修の本題へ。今回のテーマはゲーム会を進行するコツを教えてほしいということでした。私はいろいろな年代に向けたゲーム会をさまざまな場所で開いてきたので、その実体験を元にしたノウハウをできるだけ伝え、今後のちんぐさんの活動に生かしてもらえたらという気持ちで話しました。皆さん、質問したり、メモを取られたり、すごく熱心に聞いてくださり、その真剣な姿勢がうれしかったです。

これまでの経験を元に

これまでの経験を元にゲーム会のノウハウを伝えました

 午後から「おもちゃ広場」が開かれました。私も参加してゲームを紹介しました。

イベント開始前の様子。木のおもちゃがずらり!

イベント開始前の様子。木のおもちゃがずらり!

 3時間の開催で合計97人が来場されたとのこと。すごい数ですが、毎回それくらいの参加があるそうです。これもひとえにちんぐさんの長年にわたる活動の成果なのだと思います。島内での開催なので、リピーターがほとんどだと思いますから、参加した人にとって楽しい場所になっているのでしょうね。

私が小6の時に作った「福岡市大すごろく」も展示

私が小6の時に作った「福岡市大すごろく」も会場に展示しました

参加者全員で協力して7つの宝石を集める「さくらの大冒険」

参加者が協力して7つの宝石を集める「さくらの大冒険」で盛り上がりました

反射神経が勝負の「おばけキャッチ」

反射神経が勝負の「おばけキャッチ」

要らないカードにチップを乗せて押し付け合うカードゲーム「ゲシェンク」

不要なカードにチップをのせて押し付け合うカードゲーム「ゲシェンク」

 最後に「ちんぐ☆ちんぐ」代表理事の石橋英子さんに話を伺ったのですが、壱岐の子どもたちは、周りに娯楽が少ないせいか、電子ゲームや動画に夢中で、1人で過ごしている子が多いそうです。

 私は自然豊かな地域だから、外で遊ぶ子が多いと思っていたので、それを聞いて驚き、ますます壱岐の子たちにボードゲームの楽しさを知ってほしいと思いました。人と人が面と向かって遊ぶことがどれほど面白く、大切なことか。機会を作って、また壱岐でゲーム会ができたらと思います。

 ちんぐさんには旅館も手配していただき、夜は皆さんと打ち上げを行いました。10人の参加で、私以外は全員女性という中、楽しい宴となりました。食事の席でもカードゲームで遊ぶ皆さんは、本当にゲームが好きな方々だと感じました。そして、皆さんの仲の良さと温かさに感動。心置きなく信頼し合える仲間というのは、こういう人たちのことを言うのだろうと思いました。

 人の愛とか絆とか、大事なものに気付かされた壱岐出張でした。ちんぐの皆さん、ありがとうございました!

写真は壱岐の観光名所・猿岩にて。壱岐への愛を込めて

壱岐の観光名所・猿岩で。壱岐への愛を込めて

 翌日は壱岐の名所をちんぐの皆さんが交代で案内してくださいました! 至れり尽くせりのおもてなしに感謝です。

★6月16日(日)にボードゲームのイベントを開催します!
 定期ゲーム会「第3回 津村修二のボードゲームジャーニー」をブックカフェ「本のあるところ ajiro」(福岡市・天神)で午後4時から開催します! 今回は「旅するボードゲーム」と題し、旅をテーマにしたゲームを紹介します。

6月は16日(日)に開催します

6月は16日(日)に開催します

第3回 津村修二のボードゲームジャーニー
日時:6月16日(日) 16:00
場所:本のあるところ ajiro(福岡市中央区天神3-6-8 天神ミツヤマビル地下1階)
テーマ:「旅するボードゲーム」
料金:1,500円、中学生以下1,000円 ※10歳くらいから参加可。小学生は保護者同伴で
定員:12人 ※要予約。予約はから。先着順
主催:ツムラクリエイション
問い合わせ:本のあるところajiro
電話:080-7346-8139(加藤)

※情報は2019.6.7時点のものです

第3回 津村修二のボードゲームジャーニー

住所福岡市中央区天神3-6-8 天神ミツヤマビル地下1階
TEL080-7346-8139(本のあるところajiro)

津村修二

ツムラクリエイション代表。ボードゲームクリエイター/アーティスト。
1983年福岡生まれ。幼少の頃よりオリジナルのボードゲームや外遊びを考案し、小学6年生の時に福岡市全住所が登場する巨大すごろく「福岡市大すごろく」を制作。(2014年7月より福岡市博物館1階「みたいけんラボ」にて展示中)
2011年に「ツムラクリエイション」を起業。砂時計を使った新感覚の石取りオリジナルゲーム「Amen-アメン-」の製作と販売を開始する。2019年に「さくらの大冒険」(つみきや)をゲームデザイン。
そのほか、各種ゲーム会やアート展を企画・開催し、ボードゲームの楽しさやデザインの美しさを伝える活動を続けている。
新聞・テレビなどメディアからの取材も多数。現在、天神イムズ6階「つみきや」のスタッフとしても勤務中。
福岡大学商学部篠原巨司馬准​教授ゼミ・ゲスト講師。

ツムラクリエイション

この記事もおすすめ