旅素人の親子が1カ月ヨーロッパ周遊。旅の準備と予算は?

④宿泊予約

「Bookingcom」を利用しています。

ワイナリーやブドウ産地をめぐる・・・ということは田舎をめぐるということで、娘が「退屈」と言い出すことは間違いありません。退屈でふてくされる丸い顔が目に浮かぶよう。

それに子供の食欲は気候や環境に左右されますので

●都市部以外はすべてプールとキッチンつきのアパートメントタイプ

●パリなどの都市部はセキュリティを考え、24時間フロント対応の4つ星以上

ブルゴーニュでの宿泊は「ジット・ド・フランス」というB&B予約サイトから朝食付きの民宿を2か所予約しました。せっかくフランス語を習っていたので他の宿泊客や宿主との会話も楽しみだからです。ジット・ド・フランスのサイトは英語、フランス語どちらも使え、最初の予約は英語で入力しましたが到着時間や子供と一緒などの連絡はフランス語での直メールで何度かやり取りしたところ、とてもフレンドリーな対応をしていただけました。

(…このメールやりとりが後日現地で私たちを助けることになります…)

⑤電車のチケットを購入

日本でも電車の時刻表を見るのが苦手な私が「外国では自信あり!」なわけは当然なく。ほぼ嫌々…必要に迫られて予約関係の一番最後に回すこの作業。詳しくはまた後程書こうと思います。

フランスは日本と同じく普通電車~新幹線までいろいろとありますが、基本的にどれも「予約車両」というのがありません。予約はできますが予約車両はない。基本的に乗ったら空いている席のどこへに座ってもよく、そこへ「その席予約してるんですけど」と予約者が現れたらおとなしく席を譲るシステムです。だから自分が予約して乗ったとしても混んでいれば普通に誰か見知らぬ旅行者が乗っているということで・・・「あの~その席私予約してるんですよね」っていうことの面倒くささ・・・THE日本人な私が電車を苦手とする一番の理由はそこにあります。

と、いうことで絶対に席予約する必要はないと思うものの、子供連れで混雑した電車に乗った場合の悲劇と疲れを思うと気が遠くなるためパリ~ディジョン間のTGVは席予約してみました。「Rail Europe」という予約サイトで簡単に予約できます。

予約するとメールで送られるEチケットをプリントアウトして持っていく方法と予約暗号をもらってメモしておき、駅の黄色い発券機でチケットを発券する方法の二つが選べます。今回私は苦手意識が先行してなんだか適当に入力するうちに…行きはEチケット。帰りは予約番号という発券方法になりました。

余談ですが「Rail Europe」で購入すると手数料なのか、現地で購入するよりかなり高額です。案外駅に早めについちゃったなんてこともあるので、ちょっとした移動は現地で買うほうが便利だし安く上がると思います。

 

2 / 2

※情報は2016.9.25時点のものです

伊藤 治美さん

2014年度公式ベネンシアドール(スペイン、ヘレス地方の特産品であるシェリー酒の専門職)認定試験に合格。福岡県内で2人目のベネンシアドーラ。シニアソムリエ、チーズプロフェッショナルの資格も持つ。プライベートでは2児の母。

伊藤さんのインタビュー記事⇒http://tessalit.info/people/19834/

この記事もおすすめ

www.swiss-apo.net/en/products/cialis-generic

liveinternet.ru

iducz.dsns.gov.ua