寒い日は、老舗茶屋のぜんざいでほっこり【岩井屋】

   福岡市西区の愛宕神社入り口にある甘味茶屋「岩井屋」。1689年に旅籠(はたご)屋として創業。屋号はそのままに、現在の茶屋の業態になってからも130年の歴史があります。お参りして階段を下りた先に聞こえてくる「ご参拝お疲れさまでした~」とホッとする声。そんな声に誘われて、おいしいお茶とお餅で一息つきたくなります。

“愛宕様”の参拝客を見守るお店

 創業当時からの名物「いわい餅」。表面がパリッと焼き上がった餅の中には、北海道・十勝産のアズキを使った自家製あんがたっぷり。定番のこしあん(税込み170円)のほか、つぶあん(230円)や抹茶(270円)など4種類の味が楽しめます。甘すぎず、ついもうひとつ食べたくなる…そんな味を目指して、日々丁寧に焼き上げているそうです。

一つ一つを丁寧に焼き上げます

 「寒い日はぜんざいが人気」と5代目店主の篠崎成陽(まさはる)さん。あんなしの焼き餅をちぎって入れて、あずきと一緖に頰張るとほっこり。しょう油に付けて味を変えながらいただくのもオススメです。

ぜんざい850円。焼き餅はちぎってぜんざいへ。お好みでしょう油に付けても◎

広い店内はゆったりとくつろげます

【老舗のこだわり】
●あんは化学調味料や防腐剤一切不使用。
●あんの甘さを引きたたせるため、数種類の塩を使用。
●お参りに来た人をおいしいお餅とお茶でより幸せにすることが私たちの役目。

岩井屋
住所:福岡市西区愛宕2-6-33
電話:092-881-0304
営業:9:00〜18:00 
   日・祝 8:30〜18:00
定休:無休

※情報は2019.1.23時点のものです

秋吉真由美

この記事もおすすめ

регистрация торговой марки в россии

стероиды купить

rtic cup