映画「虹色デイズ」に出演の佐野玲於さん、横浜流星さんにインタビュー!

性格も趣味も違うけど、いつも一緒の仲良しの男子高校生4人組。 悩みながらも、恋に友情に奮闘する4人の姿をいきいきと描き出す青春ムービー「虹色デイズ」。

出演者の佐野玲於さんと横浜流星さんにインタビューを行いました。

左から)横浜流星さん、佐野玲於さん

左から)横浜流星さん、佐野玲於さん

4人の男子高校生たちの空気感に、とてもリアリティを感じました。どのように作り上げたのですか?

横浜:撮影前のリハーサルでみんなで話し合ったり、ごはんに行ったりしていたので、撮影当日にはいい空気感ができあがっていました。さらに撮影を通して、どんどん仲良くなっていった感じです。

佐野:「いまの高校生のリアルってどんな感じだろう?」というのは、特にこだわった部分です。会話のテンポや間には特にフォーカスして演じました。

男の子の恋を描いた作品ですが、二人は女性のどんなところに胸がときめきますか?

横浜:僕は、笑顔かなぁ。

佐野:映画の中に登場する女性は、けっこうたくましさがあって、そんな強さを持っている人はステキだなと思います。

どんな点に注目して見てほしいですか?

佐野:少女マンガ原作ということで思い浮かぶイメージがあるかもしれませんが、実は男性にも楽しんでもらえる一作に仕上がりました。学生生活とは、いろいろな可能性が詰まっている、素晴らしい時間だということを、この映画を通して感じてほしいです。

横浜:「勉強だるいな」なんて日々を送っている人もたくさんいると思います。しかしその季節を通り過ぎた後に「あぁもっとこうしておけばよかったな」という後悔のない人はいません。きっと映画を見た後に「後悔のないよう、いまを楽しく生きよう」という気持ちを持ってもらえるはずです。ぜひ見てください!

 

映画「虹色デイズ」《7月6日(金)公開》

監督/飯塚健
原作/水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
出演/佐野玲於 中川大志 高杉真宙 横浜流星 ほか

 

Profile
佐野玲於
1996年生まれ。GENERATIONS from EXILE TRIBEパフォーマー。映画『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ(2016、2017)等に出演。本作が映画初主演。

横浜流星
1996年生まれ。近年では『キセキ–あの日のソビト–』(17)『兄友』(18)等々に出演している。『青の帰り道』(今冬)主演映画『愛唄』(19年)の公開も控えている。

※情報は2018.6.21時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ