だいすけお兄さんが今度は桃太郎に。世界迷作劇場4月公演PRに編集部へ!

 NHK Eテレの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」で歴代最長となる9年間出演し、キッズだけでなくママにも大人気の「だいすけお兄さん(横山だいすけさん)」が、Tessalit編集部に遊びに来てくれました! 現在ツアー中で、福岡では2019年4月に福岡市民会館(中央区)で開催される「だいすけお兄さんの世界迷作劇場2018−19」について話を聞きました。

Tessalitを持って、にっこりの横山だいすけさん

Tessalitを持って、にっこりの横山だいすけさん

―うたのお兄さんを卒業後、2017年にソロ活動の一環としてスタートした「だいすけお兄さんの世界迷作劇場」。“世界の名作を、ちょっと不思議なミュージカル・コンサート仕立てで”というコンセプトが話題になり、開催初年度の「ピーターパン」は、来場者数10万人を突破しましたね。今年11月にスタートした注目の第2シーズンは「桃太郎」とか。

 今回の作品には、笑いの要素がいっぱい詰まっていて、子どもから大人まで広い世代の人に楽しんでもらえる内容です。ドリフ(ターズ)のようなドタバタ劇といえるかも(笑)。コケ芸を全力でやっていますが、うまくコケられなくて、青アザを作って頑張っています。

―それは新境地といえそうですね。

 どのくらいキレのあるコケ芸を見せられるか、ポイントですね。

「どれだけキレのあるコケ芸を見せられるか?」と、ジョークを交えながらのインタビュー

「どれだけキレのあるコケ芸を見せられるか?」と、ジョークを交えながらのインタビュー

―楽しそうな作品ですね。11月から全国ツアーがスタートしたばかりですが、手応えは?

 昨シーズンは、全く何もないところからスタートし、ゼロから1にする大変さというか、うまくいったところとそうでないところもありました。1年を通して作品ができあがったという感じでした。
 今シーズンは、初日の公演を終えて、自分たちが思っていた反応がお客さまからちゃんと返ってきて、自分たちも楽しみながら演じることができています。一人でも多くの方に見ていただきたいですね!

「ミュージカルは、会場の雰囲気を肌で感じることができます」

「ミュージカルは、会場の雰囲気を肌で感じることができます」

―「桃太郎」の役作りについて教えてください。

 「迷作劇場」では、だいすけお兄さんでありつつも桃太郎であり、どこで格好よく見せるか、どこでおっちょこちょいになって楽しく見せるか、稽古を繰り返していく中で出来上がっていきます。キャラクターを作るというよりも、キャラクターと笑いの攻め際を考えるのが、苦労した点です。
 おっちょこちょいな桃太郎ですけど、物語を通していく中で「みんな違ってみんないい」と思えるような一人一人の個性を大切にする気持ちが、お客さまと共有できたらいいですね。

―舞台は、観客の反応を直接肌で感じられる時間だと思いますが、客席の反応は気になりますか。

 そうですね。僕らがいつもと同じように演じていても、地域ごとに反応が違うんですよ。そこはリアルに感じながら自分たちも楽しんで、次にどう生かかしていけるかを考えながらやっています。全国公演なので、地域ごとに笑いのポイントが違うのが面白いですね。

「福岡には特別な思い入れがあります」と熱く語るだいすけさん

「福岡には特別な思い入れがあります」と熱く語るだいすけさん

―福岡の観客の印象はいかがですか。

 福岡の皆さんは郷土愛が強いなと感じます。福岡で開催することを喜んでくれる方が多いので、自分の思い入れが強いというのもあります。実は、春ツアーで同会場2日公演をやるのは、福岡だけなんですよ。
 僕の母が福岡県八女市の出身で、親戚もたくさん福岡県に住んでいますので、福岡に来ると「帰ってきたな」という気持ちになります。

―全国ツアーはかなりハード(約7ヵ月で51カ所106公演)ですが、体調管理で気を付けていることは?

 日ごろから手洗い、うがいをマメにするというのを心掛けています。基本が一番大切ですよね。
 それと喉をたくさん使う仕事なので、喉に良いという食べ物を聞いたら、とりあえず食べるようにしています。一番多いのが、ショウガですね。他にもはちみつ、大根、トマト、馬刺し…。馬刺しは劇団四季で演じていた頃から、熊本から取り寄せて食べています。

―あの美声は、普段の地道なケアにあるんですね。最後に、これからの目標について、お聞かせください。

 自分たちが思い描いた「迷作劇場」が形になって、お客さまに届く瞬間が何よりも幸せです。子どもの成長はとても早いので、一つでも思い出にしてもらえる時間を共有できたらと思います。

 生の音楽、生のダンス、生の演技を、全国のいろんな場所に行って届けることが自分の役割だと感じています。一人でも多くの方に見てもらいたいです!

「子どもさんだけでなく、大人の方もぜひ見にきてください!」

「子どもさんだけでなく、大人の方もぜひ見にきてください!」

 

だいすけお兄さんの世界迷作劇場2018−19 福岡公演
日時:2019年4月3日(水) 12:30/15:30開演
          4日(木) 11:00/14:00開演
※開場は開演の45分前、上演時間は約60分を予定
会場:福岡市民会館 大ホール(福岡市中央区天神5-1-23)
料金:全席指定3,000円 ※1歳以上からチケット必要
問い合わせ:アークスインターナショナル
電話:0798-34-5377(平日13:00~18:00)
主催:関西テレビ放送/
詳しくはツアー

※情報は2018.12.17時点のものです

福岡市民会館

住所福岡市中央区天神5-1-23
TEL092-761-6567
FAX092-761-5866
URL

この記事もおすすめ