スターフライヤーの男性CAに聞いた新生活のヒント(1)

 就職、入学、転居、人事異動…。この春から新生活が始まる皆さんに向けて、スターフライヤー(北九州市)で“おもてなしNo.1”の客室乗務員(CA)に選ばれた西山淳さんが「新生活のヒント」をお届けします。

フライト1 “先手必笑”を心掛けて

 皆さん、こんにちは。私は仕事柄、さまざまな方にお会いしますが、皆さんの新生活でもたくさんの出会いがあると思います。「人の印象は最初の3秒で決まる」ともいわれるので、第一印象は大事にしたいですよね。私も意識的に口角を上げて話し掛けられやすい雰囲気をつくるよう心掛けています。コミュニケーションを円滑にする鍵は笑顔。恥ずかしさを捨てて自分から笑顔を見せれば、相手も心を開きやすくなりますよ。“先手必笑”です。

「笑顔は〝名刺〟のようなもの。いつも心掛けています」と語る西山さん

「笑顔は〝名刺〟のようなもの。いつも心掛けています」と語る西山さん

 自分から笑顔であいさつしても、返してくれない場合もあると思います。そんなときは、名前で呼び掛けてみるといいかもしれません。以前勤めていた航空会社でファーストクラスの接客をしていたときには、搭乗前に自分が接客する10人以上のお客さまの名前を覚えなければいけませんでした。名前で呼ぶと、笑顔を見せてくださる方もいらっしゃいます。

 新生活で戸惑うことがあると思いますが、初めのうちは笑顔で乗り切れることも多いもの。あいさつをするときも名刺交換をするときも“先手必笑”を心掛けてみてください。

ポイント
話し掛けられやすい雰囲気をつくろう
あいさつは自分から積極的に
相手の名前を呼ぶのも効果的

プロフィル  西山淳さん
 1980年生まれ。宮崎市出身。外資系航空会社を経て、2010年スターフライヤー入社。客室乗務員(CA)として勤務し、現在は主にCAの教育を担当。CAの“おもてなしNo.1”を決める社内「ホスピタリティ総選挙」(11、12年開催)で連続1位に選ばれた。

※西山淳さんは、福岡市・天神のエルガーラホールで3月31日(日)にある「Tessalitフェスティバル」で講演します。

※情報は2019.3.14時点のものです

なかやま

この記事もおすすめ