EXILE・NAOKIが福岡で語った「アーティストになるための心構え」とは

 人気グループ「EXILE(エグザイル)」と「三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(ジェイ ソウル ブラザーズ フロム エグザイル トライブ)」でダンサーとして活躍する小林直己(NAOKI)さんが5月27日、福岡市中央区大名にあるダンスや歌の教室「EXPG STUDIO FUKUOKA」で生徒たちに「アーティストになるための心構え」について語りました。

普段はダンスレッスンに使用する部屋で開催

 今回のイベントは「Session 1×EXPG STUDIO BY LDH(セッションワン カケル イーエックスピージー スタジオ バイ エルディーエイチ)」と題し、EXILEが福岡市など全国12カ所で運営するスクール「EXPG STUDIO」で開かれます。

 第1弾となった福岡会場では、中学1年生から20代半ばまでの約50人の生徒が参加。小林さんが「ここに居る人たちを生徒とは思っていません。みんな同じ表現者で仲間と思っているので、今日はお互いに刺激を与え合える会にしましょう」とあいさつすると、生徒たちの目がキラキラと輝きだしました。

プレゼン用の資料もすべて自分で作ったという小林さん

 「アーティストになるための心構え」について、小林さんは「必要なのは、自分自身でいること。これがでも、一番簡単で一番難しいよね」と親しみやすい口調で語っていました。

パリコレに出た自分の経験談なども交えて語る小林さん

 夢をかなえるために最も大切なことは、その目的への道のりを順序立てて描くことだといい、「プランを立てたらそれに沿って行動すること。決めたゴールに向けて細かく道筋を設定してください。そして決めたことは絶対に貫くこと」と話していました。

 小林さん自身が今挑戦しているのは“海外”だそうで、英語の勉強を朝3時間トレーニングの前にやっているといいます。海外のオーディションも数多く受けているといい、「落ちまくるけど、そのたびに勉強になっているので全部必要な時間です」と語っていました。

質問コーナーも熱い話が続きます

 質問コーナーで、普段の行動で気を付けていることを問われると「相手に対して敬意を持つことです。年齢も経験も関係なく、ステージに立ったら仲間です。その仲間に対して恥じないように行動しないといけないと思っています」。「夢を実現するのに一番必要なことは」という問いには「自分は特別である、と自分だけでも信じ続けること」と答えていました。

歌手を目指しているという生徒たち

 メモを取りながら食い入るように聞いていた生徒たち。2時間近い講演が終わり、小林さんが一礼すると、生徒からは割れんばかりの拍手が沸き起こりました。

※情報は2019.7.8時点のものです

やはた

この記事もおすすめ