電気グルーヴ30周年「ウルトラのツアー」をライブレポート!

 電気グルーヴ30周年「ウルトラのツアー」が福岡からスタートとの情報を聞き、これは福岡のファンファン編集部が体験レポートをするしかない! ということで行って来ました。(個人的な趣味の要素も強いですが・・・)

 会場は、マークイズ福岡ももちにリニューアルオープンした「Zepp Fukuoka」。場内は開演前からオーディエンスの期待感で充満していました。そしていざメンバーが登場して曲が始まると、一気にZeppがダンスフロアに変貌。後方のDJブースに石野卓球とサポートメンバーの牛尾憲輔(agraph)、前方でピエール瀧から1年間限定で改名したウルトラの瀧がパフォーマンスするスタイルで会場の温度を上げていきます。

パフォーマンスが始まると、一気に日常から解き放たれる感覚を覚えました

 ツアー初日の為、セットリストなど細かいレポートはお伝えできませんが、先日リリースされたニューアルバム「30」の収録曲をはじめ、懐かしの曲も石野卓球による最新のアレンジでプレイされ、躍動感のあるグルーヴを創り出していきます。

石野卓球とサポートメンバーの牛尾憲輔(agraph)

 ウルトラの瀧のステージパフォーマンス、激しく交差する照明、時にコミカルなVJの演出もすばらしくて、気づいたら彼らの世界に引きずりこまれ、私も含め会場中が飛び跳ね踊ってました。

シルクハットにサングラス姿のウルトラの瀧

時折、石野卓球がブースから出てきてパフォーマンスすると、会場のボルテージはさらに上がります。

ツナギには30周年記念記念ロゴ

電気がいてくれて良かったと思えた瞬間

 中盤と終盤の2回のMCでは30年経っても変わらない、2人の放送コードギリギリのトーク(じゃれ合い?)で、観客を爆笑の渦に。久しぶりの福岡ということもあり、ファンにとっては待ちに待ったライブでしたが、「とんこつ」をいじるなど随所に挑発もいただき最高に楽しい時間でした。 最後は瀧が卓球をお姫様抱っこしてステージを後にすると、会場はしばらくの間拍手に包まれました。

余談ですが、卓球は改名した「ウルトラの瀧」をほぼ毎回言い間違えてました

Photo:Kazuyoshi Miyamoto(fusion graphic)

※情報は2019.3.5時点のものです

ABC

この記事もおすすめ

Лечение рака простаты в Германии

kamagra gel oral

anabolic steroid