【九州産業大学】文系領域に新たな学部誕生

「必ず、カタチにしてみせる。」をスローガンにする九州産業大学は、2016年に芸術学部、翌年に理工系学部を再編。今春、文系領域に人間科学部、地域共創学部、新・商学部が誕生しました。

3号館に人間科学部

九州産業大学は、入学時から2年間、全学共通で全員が教養、外国語、専門基礎を学ぶ「KSU基盤教育」の導入や、学部の再編と新設などで大学(教育)改革に取り組んでいます。

地域密着型大学として、文系は今年度から経済学部、国際文化学部、商学部、地域共創学部、人間科学部の5学部体制です。

経営学部と統合した新しいスタイルの商学部は経営・流通学科の1学科。
経営管理学系は企業や組織をマネジメントする手法や理論、流通マーケティング学系では商品流通や販売戦略の手法や理論を学びます。

地域共創学部は、商学部観光産業学科を母体とした観光学科と地域づくり学科で構成。地方創生を担う人材育成を目指しています。

観光学科には地域・観光デザインなど3コース、地域づくり学科は地域プロデュースなど3コースがあります。

人間科学部は、新設された子ども教育学科とスポーツ健康学科、国際文化学科から再編した臨床心理学科の3学科。
「人を支える人」を育て、地域社会に貢献する人材の育成を目指しています。

2018年3月に完成した3号館は、地上8階、地下1階で、延べ床面積は約1万6700平方メートル。
教室や研究室のほか、主な施設として子ども教育学科の子育て支援室や乳児保育演習室、スポーツ健康科学科の運動生理学実験実習室などを備えています。 九産大には、4年間の学びを「カタチ」にする環境が整っています。

 

九州産業大学
〒813-8503 福岡県福岡市東区松香台2-3-1
☎092-673-5550(入試部直通)

 ●福岡の大学情報を掲載!
ふくおかで学ぼうは

※情報は2018.7.10時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ