【西日本工業大学】地域社会に貢献する大学として

 工学部の「おばせキャンパス」と、デザイン学部の「小倉キャンパス」で構成する西日本工業大学。工学とデザインの分野を融合させ、地域を志向した教育・研究を推進し、地域社会に貢献しています。

 清張記念館とコラボ

 大学が自治体と連携し、地域での課題解決や活躍できる人材育成を目指す文部科学省の「地(知)の拠点整備事業(CDC事業)」。2014年度に西日本工業大学と北九州・京築地域の3市5町(北九州市・行橋市・豊前市・苅田町・みやこ町・築上町・上毛町・吉富町)が連携した「工学とデザインの融合による人を育て地域を拓く拠点づくり事業」が採択され、福岡地域学やCOCプロジェクトなどを多彩に展開しています。

 松本清張記念館(北九州市小倉北区)では、開館20周年コラボ事業としてオブジェの制作と展示を行いました。デザイン学部情報デザイン学科の趙准教授とゼミ生5人が㈱アダチの協力のもと、正面から見ると松本清張の顔、横から見ると「20」の数字が見える空中に浮かぶオブジェを、約5カ月かけて作り上げました。

 新たなデザインの家具や木製品の開発に取り組む「京築のヒノキと暮らすプロジェクト(ちくらす)」は、京築地域の森林資源の有効活用を目的にして、工学部建築学科の石垣研究室と西南女学院大学、行政、地域産業が連携。ちくらすは、「ウッドデザイン賞2017」のコミュニケーション分野でエントリーし、ソーシャル部門で入賞しました。

 また、地元自治体と連携して4年前から鳥獣被害対策を考える課題解決型授業を実施しています。今年度は工学部とデザイン学部の学生が、「イノシシやシカの防止柵をいかに景観と調和させるか?」をテーマに取り組み、最終日に成果発表の学生プレゼンテーションを行いました。



福岡県京都郡苅田町新津1-11
電話:0930-23-1491

 

※情報は2018.12.12時点のものです

この記事もおすすめ

免許合宿 格安

купить ковры киев

ковровые дорожки купить