バーチャルユーチューバーが博多の食をPR!

 インターネット動画サイト「ユーチューブ」で、架空の女性キャラクターが博多の食をPRする動画が話題になっている。これまでにラーメンやもつ鍋、銘菓などのリポートを30本以上配信。韓国語に翻訳されるなど外国人の集客にも一役買っている。

 この女性の名前は「舞鶴よかと」、福岡市中央区舞鶴出身。ツインテールで緑色の髪形と、元気の良さが特徴な20歳という。

バーチャルユーチューバー「舞鶴よかと」

 ユーチューブに登場する架空のキャラは、「バーチャルユーチューバー」と呼ばれる。昨秋から続々と“新人”が登場し、約6千人がしのぎを削る状況に。トップ級のキャラが配信する動画のチャンネルは、200万人以上が登録している。

 「よかと」は今年8月にデビューして以降、博多と食に特化する形で動画を配信してきた。地元の「一風堂」のラーメン、老舗「かわ乃」のもつ鍋、「東雲堂」のにわかせんぺいなどの特徴や歴史を紹介。アニメのキャラのような見た目なのだが、腕利きの映像スタッフの協力により、実物を食べるという特技も備えている。

 この動画プロジェクトのメンバーは「福岡を盛り上げ、もっと多くの人に来てもらいたい」。海外からの閲覧者も多く、日本のアニメ文化とともに世界への発信を強めていくとのことだ。

※情報は2018.12.21時点のものです

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、Tessalit的注目記事をピックアップ!

この記事もおすすめ