「本気でかっこいい」を買う! 「FREAK’S STORE」【マークイズリポート】

 マークイズ福岡ももち(福岡市中央区地行浜)がオープンして早2カ月半、すでに福岡の新たなランドマークとして認知されているようですね! 今回は、2階にあるセレクトショップ「FREAK’S STORE」を訪れてみました。

 「おおかいだん」を上がって唐人駅方面に行った突き当たりにあります。“カジュアルなアメリカンライフスタイルの提案”を軸に、洋服、雑貨、インテリアなど、「本気でかっこいいと思うものをセレクトした」というお店です。季節的に店内にはダウンやニットが多く見受けられました。

男女ともに人気のダウン。種類も豊富です

 案内してくれた店長の畠中さんにおすすめの商品を聞いてみると「やっぱりダウンですね。今年は特に流行っていてCANADA GOOSE(カナダグース)やスポーツウエアで有名なDESCENTE(デサント)、PYRENEX(ピレネックス)など定番のものや2018年秋冬からコレクションを再スタートしたFIRST DOWN(ファーストダウン)なども人気です」とのこと。

かわいいデザインに目がいきます

 そういえば、男女ともにダウンを着ている人を街で多く見かけます! 比較的に今冬は暖冬で、暖かい日が続いていますが、それでもファッションとしてダウンコートに人気が集まっているそうです。

 せっかくなので、マークイズの店舗限定アイテムを手に入れたいと尋ねてみると、デニムを中心に展開する「orslow(オアスロウ)」の人気パンツで限定色(税込み23,544円)があるとのこと。全国でマークイズでしか手に入らないと聞くとつい財布のひもも緩みそうになります。

店舗限定の色味だそうです

 店頭のマネキンにディスプレーされていたブランド「Freada(フリーダ)」もかわいくて気になりました。FREAK’S STOREオリジナルのブランドだそうで、ブランド名の由来にもなっているメキシコの画家フリーダ・カーロをアイコンに、「力強い服」を生み出しているとか。

FREAK’S STOREオリジナルブランドです

 FREAK’S STOREのプレスを長年務めていた小笠原希帆さんがディレクターを務め「フリーダを通して、トレンドに左右されない”強気お洒落女子”を増やしていきたい」というコンセプトで展開。シーズンごとの新作からは目が離せませんね!

樹脂で作られたアクセサリー

 ショップの女性スタッフさんイチオシは、アクセサリーデザイナー・福嶋芽朗(ふくしまめろう)さんが手掛ける「mellow(メロウ)」シリーズ。草花を樹脂の中に閉じ込めたアクセサリーが魅力的なブランドです。「スタッフもみんな好きで買ってるんですよ」と教えてくれたスタッフさんの耳にもイヤリングが揺れていました。大ぶりのアクセサリーはおしゃれのいいアクセントになりそう!

小物も充実しています♪

 2月も中旬を過ぎると本格的に春物が増えてくるそうなので、また見に行くのが楽しみです。小物や雑貨も豊富でちょっとしたプレゼント選びにも。マークイズを訪れた際は気軽に足を運んでみてください。

 ※人気商品に関しては数に限りがあるので、お問い合わせを!

FREAK’S STORE
住所:福岡市中央区地行浜2-2-1 2階
営業:10:00~21:00
電話:092-847-8318
定休:マークイズ福岡ももちに準ずる

※情報は2019.1.19時点のものです

マークイズ福岡ももち

住所福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1
TEL092-407-1345
URL

やはた

この記事もおすすめ

стероиды купить украина

детский ковер

купить офисный ковролин