「プルーム」ブランドに2つの新製品が遂に登場、3ラインアップ展開へ!

 JT(日本たばこ産業)は1月29日から新商品「プルーム・テック・プラス」、「プルーム・エス」をPloomオンラインショップおよび全国Ploom専門店で販売中です。従来の「プルーム・テック」と合わせて3ラインアップでの展開になりました。

 従来の低温加熱型「プルーム・テック」は“たばこの煙のにおいがしない”、“手軽に楽しめる”などで人気を博しました。

 そこに今回、使用者にさらなる満足感を味わってもらうための新商品が開発されました。

 低温加熱型の特徴を維持しながらも、“しっかりとした吸いごたえが楽しめる”「プルーム・テック・プラス」、そして“紙巻たばこのメビウスらしい味わいを楽しめる”高温加熱型の「プルーム・エス」です。

 これで「プルーム・テック」を含めたプルームブランド3ラインアップの展開に。加熱式たばこを楽しむスタイルに選択肢が広がったといえそうです。

(左)プルーム・テック・プラス、(右)プルーム・エス

(左)プルーム・テック・プラス        (右)プルーム・エス

●低温加熱型デバイス「プルーム・テック・プラス」 
吸いごたえをプラスした低温加熱型
 JT独自の「低温加熱方式TM」を採用した低温加熱型の製品。「プルーム・テック」のにおいの少なさはそのままに、たばこ葉とたばこベイパー(発生する蒸気)を増量し、「プルーム・テック」以上の吸いごたえを実現。「プルーム・テック」は、多彩なフレーバーとクリアなたばこの味わいが特徴ですが、「プルーム・テック・プラス」は、たばこらしい奥深い味わいを求める人に適しています。

におい1%未満*1、健康懸念物質99%以上カット*2はそのままに
 同じ低温加熱型の「プルーム・テック」と同等レベルでにおいや健康懸念物質を低減。吸いごたえを向上させながらも、低温加熱型が持つ特徴を維持することに成功。飲食店などの周囲に人が多い場所や、車の中などでも周囲に配慮しながら楽しめます。

●高温加熱型デバイス「プルーム・エス」 
メビウスらしい味わいの高温加熱型
 JT独自の「リアル香味製法」と最適な加熱温度設定で、たばこ葉のうまみを際立たせて、国内紙巻たばこNO.1*3ブランドのメビウスらしい“クセが無く”、でも“うまみがあり”、“飽きのこない”味わいを届けています。

高温加熱型特有のにおいも低減
 周囲に配慮した心地よい一服であるために、紙巻たばこに比べてにおいを大幅に減らしたのはもちろんのこと、味わいを阻害する高温加熱型特有のにおいも抑えています。紙巻たばこと比較して、におい5%未満*1、健康懸念物質90%以上カット*2を実現しています。

*1:嗅覚検査に合格して一般的な嗅覚をもつことが確認されている6名による三点比較式臭袋法に基づく判定。紙巻たばこの煙とプルーム・テック/プルーム・テック・プラス/プルーム・エスのたばこベイパー(たばこ葉由来の成分を含む蒸気)を無臭の空気で希釈し、それぞれ入った袋のにおいをかぎ、「ちょうどにおいがしなくなる希釈倍数」を統計的に数値化した。

*2:本製品の使用に伴う健康へのリスクが紙巻たばこと比べて小さいことを説明するものではありません。紙巻たばこの煙1パフとプルーム・テック/プルーム・テック・プラス/プルーム・エスのたばこベイパーの1パフに含まれる、WHOがたばこ煙中の含有量を優先して低減すべき物質として選択している9物質の量を比較。紙巻たばこは、試験用標準紙巻たばこ(3R4F)を選定。

*3:2019年1月時点、JT調べ

  上記商品は全国のPloom Shop(17店舗)、東京都内の一部Ploomコラボショップ(3店舗)、Rethink Lounge各店(2店舗)、MOVE LOUNGE各店(4店舗)、Ploomオンラインショップ(全国)で販売中。

 九州では「Ploom Shop 天神店」、「Ploom Shop キャナルシティ博多店」の2カ所のみでの販売です。

 もちろんからも購入できます!

 「待っていた!」という人も多いと思われる新商品! 気になった人は早目に手にしてください!

※情報は2019.1.30時点のものです

この記事もおすすめ