外国人に伝えたい! 「ファッションマンス福岡アジア」の魅力

 福岡の街には韓国をはじめ多くの外国人旅行者が訪れ、楽しそうに闊歩(かっぽ)しています。2018年、日本全体では「訪日外国人旅行者が年間で3,000万人を超えた(3,119万人)」という観光庁の発表がありました。福岡に入国した外国人旅行者は2017年は年間298万人、2018年は300万人を超えるといわれています。

福岡の人も外国人ツーリストも楽しめるイベントに!

福岡の人も外国人ツーリストも楽しめるイベントが始まります!

SNSの出現で何気ないスポットに旅行者の姿

 街角で地図やガイドブックをチェックしたり、携帯の画面を見ながら何かを探している外国人に、私は「May I help you?(お手伝いしましょうか)」と声を掛けるようにしています。今はグーグルマップや検索機能が充実し、あまり困ることはないようで、「OK! No, problem(大丈夫だよ)」と返されることも多いですが。

 しかし、チェックしている内容を聞いてみると、その多彩さに驚きます。ホテルやバス停というよりも、おしゃれなカフェや肉料理の店、スニーカーのセレクトショップなど地元の感度の高い人が行くような個店や、大名、今泉だけでなく薬院や白金、六本松など通好みのエリア名も飛び出てきます。

 そんな旅行者を見ると、海外での自分のように感じます。「こんなところに日本人が来るなんて」と思われながら、目的地を訪ね歩いている自分の姿が浮かびます。

 私はさかのぼること20年くらい前、「ちっき」という「シティ情報ふくおか」の付録の旅行情報誌の編集をしていて、アナログカメラを片手に、東南アジアなど世界各地を巡っていました。その頃はまだスマホはなく、インターネットが普及し始めたばかり。海外の宿の予約はファクスでするのが主流でした。
 福岡空港発着便を運航する航空会社のスタッフや政府観光局、旅好きの人が集まる「茶話会」を開催して得た現地情報をもとに、まだ現地でもあまり有名でない場所へも出掛けました。現地の人は「よくここを知っていたね」と言いながら(マニアックな人だなあ)という表情を浮かべていましたっけ。

 時は流れ、今ではスマホがあれば、リサーチから決済まで何でもできる時代。自国の人のブログやSNSの口コミを見ながら、外国人旅行者は人気の観光スポットだけでなく、住宅街や何気ない日常スポットにもやって来ます。日本人だから、外国人だからというボーダーは、そろそろなくなっているのです。

イベント情報をツーリストに届けよう

 そんな便利な状況になっても、まだまだ伝わりにくいのがイベントの情報。市民に人気で、外国人にも喜んでもらえるイベントはたくさんあるのに、彼らが知らないので、たまたまたどり着いた人以外は楽しんでもらえないことが多いのです。

 韓国、台湾、香港など東アジアからの旅行者は20~30代の個人旅行者が主力で、リピーターも多くいます。彼らが、福岡のファッションイベントやグルメ、きれいになるスポットなどを楽しめるイベントが2月2日(土)から始まります。

 それが「FASHION MONTH FUKUOKA ASIA(ファッション マンス フクオカ アジア) 2019」です。

ファッションショーなどのイベントが盛りだくさん(2018年実施の様子から)

ファッションショーなどのイベントが盛りだくさん(2018年実施の様子から)

 福岡のクリエイターとファッションビルとのファッションショーや期間限定のショップオープンなどのコラボイベント、スマホアプリで決済すると市内の80以上の店で割引が受けられる「SHOP HOP」、3月9日(土)、10日(日)に福岡市役所前ふれあい広場で開催される「ラブエフエムフェスティバルミーツファッションマンス福岡アジア」など日本人、外国人関係なく楽しめるイベントがいっぱい。

 福岡のクリエイターとファッションビルがコラボして、期間限定のイベントもたくさん実施されます。

福岡のクリエイターとファッションビルがコラボして期間限定のイベントもたくさん(2018年イムズ)

福岡のクリエイターとのコラボ(2018年イムズ)

 スマホで決済すると割引になるグルメやアパレルのショップは70以上。いろんな店を巡って「SHOP HOP」しましょう。

 韓国、台湾、香港、中国で大型連休になる旧暦の正月が今年は2月5日(火)からなので、それに合わせて外国人に割引や特典を提供している商業施設も多くあります。外国人のお友達や知人がいる方はぜひ教えてあげてください。

「SHOP HOP」でお店巡り。写真中央区大名の「博多もつ鍋響大名店」

「SHOP HOP」でお店巡り。写真中央区大名の「博多もつ鍋響大名店」

 お店で出合えるフォトジェニックな期間限定メニューも一挙紹介されます。

フォトジェニックなメニューも一挙紹介(写真は大名のconiglo)

フォトジェニックな限定メニューが登場。大名の「coniglo」

 3月9日(土)、10日(日)に福岡市役所前ふれあい広場である「ラブエフエムフェスティバルミーツファッションマンス福岡アジア」では、アーティストのライブやグルメ屋台もあります。入場無料。

3月9日、10日に福岡市役所前ふれあい広場で開催予定「ラブエフエムフェスティバルミーツファッションマンス福岡アジア」。アーティストのライブやグルメ屋台も登場。入場無料

2018年の「ラブフェス」から

 イベントの内容など詳しくはホームページをチェックしてね。

 

FASHION MONTH FUKUOKA ASIA2019
期間:2月2日(土)~3月10日(日)
詳しくは公式サイト(英語、韓国語、中文・繁体字あり)

※情報は2019.2.1時点のものです

帆足千恵

旅とアートとグルメをこよなく愛する編集者。福岡・九州を拠点にインバウンド(訪日旅行)とアウトバウンド(日本人の海外旅行)の「行ったり来たり」の旅の活性化を目指しています。インアウト・ツーリズム研究所 代表

この記事もおすすめ