ミッキーマウスの九州新幹線、お披露目♡ 博多駅で出発式

 ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念した新幹線「JR九州Waku Waku Trip(ワクワク トリップ)新幹線」が5月17日、JR博多駅(福岡市)でお披露目されました。本格的な運行は18日(土)からで、この日は記念運行として事前に招待された約200人が乗車しました。

旅に出る、わくわくした笑顔のミッキーマウスが描かれた1号車外観

 この新幹線は、JR九州とウォルト・ディズニー・ジャパンがライセンス契約を結んで展開するプロジェクト「GO! Waku Waku Trip with MICKEY(ゴー! ワクワク トリップ ウィズ ミッキー)」の一環として運行。ミッキーマウスとコラボレーションした新幹線は全国初だといいます。

(左から)中野幹子駅長、目黒敦さん、青柳俊彦さん

 九州新幹線800系(1編成、6両)の外装と内装に、旅に出るミッキーマウスのイラストや九州各地の名産品のイラストをあしらい、11月下旬まで博多(福岡市)―鹿児島中央(鹿児島市)間を運行する予定です(運行時間は、特設サイトで毎月25日に翌月分が発表されます)。特別料金などはかからず、通常の運行料金で乗車できます。

乗車するともらえます♪

 この日招待されたのは、新幹線の内部を彩る絵やアイデアを応募した1~70歳までの455人から選ばれた100組約200人。乗車する人全員がもらえる「ミッキーマウスのカンカン帽」のペーパークラフトを片手にみんな笑顔でした。

かわいい内装。各所にいろんな仕掛けがあるそうなので、乗車して確かめて!

 ホームに入ってきた新幹線を前に、乗客や報道陣が「わあっ!」と声を上げる瞬間も。

 出発式でJR九州の青柳俊彦社長は「九州をもっと元気にしてくれる新幹線です。わくわくしながら乗って、ミッキーと一緒にエンジョイしてください」とあいさつ。ウォルト・ディズニー・ジャパンの目黒敦バイスプレジデントチーフ・マーケティング・オフィサーは「こんなにすてきな新幹線と出合えて、本当にうれしいです」と話していました。

テープカットをしていよいよ出発

 中野幹子駅長の出発の合図で、招待客と青柳社長、目黒チーフを乗せた新幹線は、鹿児島中央駅に向けて出発しました。

中野幹子駅長に見送られて出発!

 移動中も楽しくなれるミッキーマウスの新幹線でお出掛けしてみては♪


期間:5月17日(金)~11月下旬(予定)
運行区間:博多―熊本―鹿児島中央
運行スケジュールはで毎月25日以降に翌月分を発表
車両:九州新幹線800系(1編成、6両)

※情報は2019.5.17時点のものです

やはた

この記事もおすすめ