「かまいたち」など芸人が指導 第一薬科大付属高で漫才のワークショップ

 第一薬科大学付属高等学校(福岡市南区玉川町)で5月12日、お笑いコンビ「かまいたち」などが指導する漫才のワークショップ「あなたの学校がマンザイ教室に!?~よしもと芸人がやってくる!~」が開かれました。

漫才ワークショップに登壇した「かまいたち」の2人

福岡よしもとの芸人も参加しました

 高校生に漫才をする楽しさを知ってもらおうと、高校生の漫才日本一を決める大会「ハイスクールマンザイ」(吉本興業主催)の特別企画として実施されたこのイベント。かまいたちのほか、福岡よしもとの芸人「ぶんぶん丸」「メタルラック」「にわか」なども加わり、初めて漫才づくりを体験する生徒たちを指導しました。

芸人たちが生徒の疑問に答える場面も

笑いながらもネタづくりは真剣!

相談しながら、面白いワードを出していきます

 授業に参加したのは、同校芸能コース1年生の生徒77人。司会者が「アイデアは質より量」「(人のアイデアを)心の底から肯定。批判しない」「突拍子もないアイデアも歓迎する」「便乗OK。アイデアを融合させる」「とにかく何でも口に出すこと」という“よしもと式ブレスト”5カ条を紹介。「『いいですね~』という魔法の言葉を繰り返すように!」との助言も加え、ワークショップがスタートしました。

漫才づくりを楽しんでいる様子の生徒たち

 まずは、ペアを組んだ相手の見た目や特徴を10個のキーワードで表現するグループレッスン。瞬発力や発想力が問われます。頭を抱える生徒には芸人たちが声掛け。表情は真剣です。

 盛り上がってきたところで、本題の漫才台本作りに突入です。今回使う教材は、芸人「NON STYLE(ノン・スタイル)」の石田明さんが書き下ろした漫才台本の穴埋めシート。数カ所をオリジナルワードで埋めるだけで漫才が完成してしまう優れもの!

 “相方”と相談しながら、真剣にキーワードを書き込む生徒たち。ちらっとシートをのぞくと、個性豊かなワードがずらり。最後の発表が楽しみです。

芸人と一緒に実践練習も

 声の大きさやトーンなど、芸人からのアドバイスを受けながら、実際に立って練習。発表会では、かまいたちの2人が審査員として見守る中、ケラケラと笑いながら楽しそうに漫才をする女子コンビや、間が独特なコンビ、緊張しながらも一生懸命なコンビなど、生徒それぞれの“味”が漫才に反映されていて、かまいたちの2人も「すごく上手にしゃべっていましたよ」と称賛。「雰囲気が面白い」「フレーズ選びがセンスある」と生徒それぞれの“味”をいじりながらも拍手を送っていました。

女子コンビの楽しそうな雰囲気に審査員のかまいたちも思わず笑顔

にぎやかな雰囲気の中、無事にワークショップは終了!

 「2人とも天然パーマなので…」と「鳥の巣」というコンビ名で漫才を披露した、山口鑑大(かんだい)さんと森下祐輝さんは「今まで(漫才を)見ている側だったので、結構ネタづくりが難しかった」と口をそろえます。将来は演出家になりたいという山口さんは「漫才づくりは初めての経験で勉強になりました」と話していました。

※情報は2019.6.18時点のものです

秋吉真由美

この記事もおすすめ