グルメや映画のロケ地巡り「肥薩おれんじ鉄道」に乗ってみよう!

列車「おれんじ食堂」

映画の舞台にもなった
「肥薩おれんじ鉄道」で食も絶景も満喫!

 穏やかな入江が続く不知火海、ダイナミックに波が打ち寄せる東シナ海。肥薩おれんじ鉄道の観光列車「おれんじ食堂」はそんな風光明媚な九州の西海岸沿いを走ります。
 車内は木の温もりを感じる洗練されたデザインで、座席もゆったりと配置。車窓から見える美しい海岸線に、しばし日常を忘れることができます。

オレンジ食堂食事

おれんじ食堂で食事を楽しんで

 便ごとに趣向が異なる料理も自慢の一つ。沿線の食材をふんだんに使ったメニューは、「おれんじ食堂」だからこそ味わえる一品ばかり。生産者と料理人のこだわりが詰まった料理を、客室乗務員が真心込めてサーブしてくれます。

オレンジ食堂列車内

おれんじ食堂列車内

8月だけの特別企画「ファミ得割」 
 おれんじ食堂で最も人気のあるプランが、2便で提供される「スペシャルランチ」。好評に応えて2019年度(9月末まで)も、料理番組「料理の鉄人」などでおなじみのフレンチレストラン「ラ・ロシェル」(東京都、福岡市)オーナー、坂井宏行氏がプロデュースしています。

坂井シェフ

坂井宏行シェフ

 この坂井シェフ監修のプランが、8月限定でお得に楽しめるチャンスです。
 2便スペシャルランチ(大人21,000円)に申し込むと、子どもの席代がなんと無料に。子ども用にはプラス2,000円で「鶴の屋」(熊本県水俣市)特製の、この期間限定のランチボックスが準備されています。予約はWebからのみで1日8席限定ですので予約はお早めに!
 ※詳しくはおれんじ鉄道ホームページで確認を
問い合わせ:おれんじ鉄道予約センター
電話:0996-63-6861

 

 映画「かぞくいろ―RAILWAYSわたしたちの出発―」
ロケ地めぐりツアー実施  
 昨年公開された映画「かぞくいろ―RAILWAYSわたしたちの出発―」のロケ地巡りツアー第2弾の開催が決定しました。第1弾開催時に好評だった「出水車両基地」(鹿児島県出水市)で本物の車両を使った“点検作業”や運転席での“出発進行合図”を体験できます。
 その後、メインロケ地の鹿児島県阿久根市大川地区のバッティングセンターを訪問し、実際に撮影に携わった地元の人々から撮影当時の秘話を聞くなど映画撮影時のエピソードに触れることができます。
 更に今回は観光列車「おれんじ食堂」でリニューアルした3便(アフタヌーン)に乗車して、映画でもおなじみの海岸線の絶景を眺めたり、阿久根駅での「阿久根満喫にぎわいマルシェ」を楽しんだり、前回以上に肥薩おれんじ鉄道&映画ロケ地を満喫することができます。

映画「かぞくいろ―RAILWAYSわたしたちの出発―」ロケ地めぐりツアー
出発日:7月20日(土)、8月18日(日)、24日(土) 計4回 
※全日程、添乗員同行
旅行代金:大人税込み13,800円、子ども6,800円
(昼食代、おれんじ食堂3便アフタヌーンパッケージプラン、バス貸し切り代、添乗員諸費用) 
定員:各25人(最少催行人員各15人)
申込締め切り:各出発日の7日前
ツアー主催・問い合わせ:肥薩おれんじ鉄道(熊本県知事登録旅行業 第2-207号)
電話:0965-32-5678

映画「かぞくいろ」

映画「かぞくいろ」

かぞくいろスタンプラリー開催中
  映画のロケ地、阿久根市を巡るスタンプラリーが9月1日(日)まで開催されています。ビンゴ形式で、さらにスタンプを押すだけではなくキーワードも必要です。抽選で賞品が当たります。対象の場所に設置されている「スタンプ」と「キーワード」を集めながらメインロケ地を巡ってみませんか? 地元の人々だから知っている情報やエピソードなんかも聞けちゃうかもしれませんよ。
 遠方の人は1日でスタンプを集めてしまうのが難しいかもしれません。そんな時は今回の協力店舗のホテルロックスインさんを始め阿久根市内で宿泊してみてはいかがでしょうか?
かぞくいろスタンプラリー
期間:~9月1日(日)
 ※押印したスタンプの応募は9月2日(月)まで八代駅・水俣駅・出水駅・阿久根駅・川内駅窓口で受け付けます。郵送の場合は9月2日の消印有効。詳しくはおれんじ鉄道ホームページで確認を。
9:30~17:00 12月30日~1月3日を除く

問い合わせ:おれんじ鉄道予約センター 0996-63-6861

※情報は2019.7.19時点のものです

この記事もおすすめ